|  ログイン
 
 
 
イメージ
            
 

 企業理念 最小化

中小企業のIT化の現状
 
インターネットの普及によって、中小企業や個人事業者が大企業と伍して競争できる時代が来ると言われて久しいですが、実態は未だそのようにはなっていません。この国においては、大企業のIT化は、内容はともかく確実に進展しているようですが、企業の大部分を占める中小企業や個人事業者のIT化は、一部を除きほとんど進んでいないようです。これまで、大手のベンダーやシステムインテグレータがこの未開拓の市場に魅力を感じ、ITの啓蒙活動を行い、幾度となく参入を試みてきましたが、成果は芳しくありません。
 
市場の特殊性
 
それは何故でしょうか?原因は色々ありますが、一つにはIT業界の特異性として、難解な専門用語が多く、技術や流行が毎年のように変わるため、ITの担当者がいない小規模ユーザでは情報収集や検討を行う時間も人手も確保できないという実情が挙げられます。また、サービス提供者側の問題点としては、技術的な面に加え、業務内容の理解などより経営に結びついた広い知見や経験を要求されるため、単なるシステム屋では適切な提案が困難であるということも挙げられます。また、一般的にコスト削減要求が厳しくベンダーとしても利益が出しにくいという市場性もあるでしょう。結果、ベンダーも大企業で導入したシステムをそのまま流用するなど中小企業の状況を無視した案件となったり、あるいは単にパソコンを導入しただけに終わることになったりと、あまり経営の役に立たないITの導入が行われてしまう不幸な現実があります。
 
ITコーディネータ制度
 
このような状況を解決する策はあるのでしょうか?上のような問題点はつまるところ、ユーザとベンダーの間のミスマッチから来ています。ユーザは変化が激しく専門性の高いIT分野への追随を求められ、ベンダーはIT以外の幅広い知識への対応を求められます。従って、ユーザとベンダーの間に立って両者を結びつける、コーディネータのような人材が存在すれば問題の多くは解決できることが期待できます。そしてそのような人材を提供するための資格が既に存在します。それはITコーディネータ制度です。
ITコーディネータは、経営とITの両面に精通し、企業経営に最適なIT投資を支援・推進することができるプロフェッショナルであり、企業の戦略的IT投資を推進する国家プロジェクトの一環として誕生した日本で唯一の資格認定制度として、 NPO法人ITコーディネータ協会がその育成・認定・普及・啓蒙活動を行っています。当社では、ITコーディネータの有資格者が、経営戦略の立案からITの導入・活用までの一連のプロセスをユーザの立場にたって支援を行っていきます。
 
ITアウトソーシング
 
また一方で、当社では中小企業の業務をITを使って劇的に変革するための方策を考えてきました。その結果、前述のITコーディネータによるITコーディネーションサービスに加え、実際に導入・活用が可能で中小企業向けの次世代のITサービスとして、アプリケーションホスティング(又はASP)とよばれる、インターネットを介したアウトソーシング型のサービスが最適だとの結論に達しました。当社はこの基本理念に基づき、中小企業様に向けた、首尾一貫したITサービスをご提供していきます。
 
中小企業を元気にしたい
 
中小企業は大企業に較べて不利でしょうか?そんなことはありません。大量生産・大量消費の時代から、個人の趣味趣向に基づく個別マーケティング、マスコミを使った大規模広告からインターネットを使った簡易な情報発信、オークションやオンラインショップなどのダイレクト販売、製造業は垂直統合型から水平分業へ、劇的な変化が起こりつつあります。このような変化の中、何万人も従業員を抱える大企業では時代の変化に対応することは難しいでしょう。そして戦略の決定や変更などで小回りが効き、人件費の負担も少ないなど、多くの面において、有利と思われる点が存在します。私達は、今後、専門性を持つ規模の小さい企業がゆるやかに連合し、大企業と互角に競争しく時代が必ず来ると確信しています。
ただし、それは、既存の業務を変えて、新しい時代に適合した組織、思想を確立できた企業のみが受け取れる果実です。そのためには、ITに限らず適切なものを適切な箇所にタイムリーに適用し、劇的に経営を革新する必要があります。そして、それらの問題を解決してうまくITを利用できるようにサポートするのが私達の務めです。
当社は、日本の中小企業を元気にし、大企業と伍して戦えるようなそんな存在に・・・をバックアップしたい。そういう想いから設立しました。是非、私達と一緒に新しい時代を担う存在として飛躍してみませんか。