|  ログイン
 
 
 
イメージ
            
 

 ITコーディネート 最小化

ITを経営に活用するにはただソフトウェアを買ってきて導入すればよいというものではありません。もちろんそれで充分な場合もありますが、経営にインパクトを与えるようなIT投資の場合には、まず会社のあるべき姿を明確にし、そのための課題を解決するために何が必要なのかを充分に検討した上で実行しないと失敗してしまうことが多々あります。また、ITを活用するために組織の見直し、人材の手配も必要かもしれません。導入後にもどれくらいの効果があったのかを評価する必要がありますし、継続的に見直しをかけたりと、様々なことが必要となってきます。そこまでやってようやくITの効果をフルに享受することができるのです。

中小企業のような企業では、これらの作業を1人から数人というごく限られた人数で実施する必要がありますが、人材、コストの面で困難であるといわざるを得ません。まして、ITは技術の移り変わりが激しく、最新状況をフォローするだけでも大変です。そのうえ更に、経営の知識も有している、そんな人材が求められるのです。

この問題を解決すべく設けられた制度があります。それが経済産業省の推進するIT系コンサルタントの資格である「ITコーディネータ制度」です。 「ITコーディネータ制度」は、経営とITの橋渡し役として経営者のサポート、あるいはCIOとして中小企業にIT経営を導入していく役目を求められています。

ITコーディネータは具体的にどのようなことを行うのでしょうか?ITコーディネータの指針となるITコーディネータプロセスガイドラインというものがあります。これは、IT導入プロセスのフェーズを以下の5つに分け、これら一連の流れのサイクル(PDCA:Plan Do Check Actionの略)を回すことで、質の高いIT導入を可能とするものです。ITコーディネータはこの一連のプロセスにのっとり、中小企業の競争力をITで強化していくサポート役を担います。

経営戦略フェーズ 現状を分析して新経営戦略を立案 詳細
IT戦略策定フェーズ 新経営戦略の実現に必要なIT企画を検討 詳細
IT資源調達フェーズ IT企画に基づき必要なモノ・サービスを調達する 詳細
IT導入フェーズ 調達したITを導入する 詳細
ITサービス活用フェーズ 導入したITの活用状況や効果のチェック、改善を行う 詳細

当社では、各フェーズを具体的に以下のようなサービスとして提供することで、IT担当者を有しない中小企業様や個人事業者様でも、大企業に遜色のないIT化を可能とし、従来の単なる「ホームページ」、「パソコン導入」というレベルを超えた、IT経営の導入のお手伝いをいたします。 

              
 

 経営戦略支援サービス 最小化

いわゆる経営コンサルサービスです。実際、多くの中小企業診断士がITコーディネータとしても登録しています。コンサルとの違いを挙げるとすれば、ITの名を冠している通り、よりITにフォーカスした資格ということ、実際のシステムやソフトなどの導入に結びつくためベンダー等との調整が必要であることからコーディネート業務の比重が大きいこと、より現場に近い実働部隊としての役割も求められること、などがあります。

このサービスでは、ITコーディネータは、ITの専門家として特にITにフォーカスした経営戦略の立案をお手伝いします。各種経営診断手法を用いながら、ディスカッションなどを通じて経営戦略の立案のお手伝いをしたり、お困りの経営課題の解消に向けてご協力致します。ITにフォーカスしているからと言って、ベンダー提案にありがちなIT導入を前提にしたものではなく、経営革新のために本当に必要なことは何かを見つけ出すお手伝いをいたします。

例)
・経営方針および社長の思いの確認
・現状分析
・市場、製品、競合分析
・あるべき姿と新しいビジネスモデルの構築
・業務改革案の策定

              
 

 IT戦略策定フェーズ 最小化

 

経営戦略フェーズにおいて、その実現のためにIT導入が必要と判断された場合、目標達成のために最も効果的なIT化の企画の立案のお手伝いをします。
例)
・中長期的IT戦略の立案
・IT化企画策定支援
・経営戦略とIT戦略の整合性のチェック
・最適なIT化手法の検討

              
 

 IT資源調達支援サービス 最小化

 

システムの自社開発、パッケージの購入、ASPなど外部サービスの利用等、実施する内容は様々ですが、最適なITの調達に関するお手伝いをします。
例)
・要件分析
・RFP(提案依頼書)作成支援
・ベンダー見積書チェック
・契約書作成支援

              
 

 IT導入支援サービス 最小化

 

調達方針が決まったら次は導入です。外部にシステム開発を発注する場合には、進捗状況のチェックなど、プロジェクトマネージメント業務、パッケージ製品なら導入支援などでサポートします。ケースによっては、当社ご提供する他サービスのご利用も可能です。
例)
・プロジェクト管理支援
・レビュー支援
・検収作業支援
・ソフトウェアインストール作業
・プログラム開発(当社はMicrosoft .NET技術のみ対応)
・各種ASPサービス

              
 

 ITサービス活用支援サービス 最小化

 

導入後の社内研修、セキュリティチェック、運用レベルの改善などのIT活用段階でのサポートを行います。例えば、当社がホスティングするサーバをご利用の場合には、以下のような項目でサービスの活用やフィードバックを行います。

・サーバホスティング
・日常メンテナンス
・ 検索エンジン対策(SEO等)
・アクセス解析
・バックアップ
・チューニング
・システム監査
・セキュリティポリシー策定
・セキュリティ対策検討
・セキュリティリスク管理
・投資効果測定
・人材育成、研修
・その他